This post was originally published on this site

香港の暮らしが見える! 市場・マーケット

高級ブランドもいいけれど、ワイワイ、ガヤガヤ賑やかなマーケットでの宝物さがしもエキサイティング! エネルギッシュな香港の下町パワーを感じることができるでしょう。どこのマーケットでも共通することですが、まずは値段交渉から! 店やその時の店員さんの気分などによってどこまで値切れるかは、運と忍耐力次第。

この記事では、人気の市場を9つ厳選して紹介していきます!

値段交渉は交流だと思って楽しんで

香港マーケットでの買物の心得

マーケットに繰り出す前に、まずはマーケットでの買い物の心得を伝授しましょう!

  1. 20、50、100香港ドル札を用意する。クレジットカードは使えません!
  2. 同じ店で数を多く買うと、値引き度アップ
  3. 意地でも「安く!」と気合を入れずに、交渉を楽しむくらいの余裕をもって
  4. あまりにも値切りすぎると(例えば100ドルに対して、10ドルとか)相手にしてもらえない
  5. ブランド品はニセモノ率99.9%
  6. 交渉が成立しない場合、一度去るフリをする。追いかけてこなければ、それ以下の値段にはならない
  7. 人が多いので貴重品に注意
  8. 簡単な数字(20とか)を広東語で言えたら、好感を持たれてもっと値引きしてくれる可能性大。お店の人はみんな電卓を持っているので言葉が通じなくても大丈夫

さぁ、心の準備はできましたか? それでは「ペンディーラー(安くして)!」も覚えて、出発です。
 

絶対に行ってみたい女人街

人が多く狭いので、なるべく身軽で行きたい

人が多く狭いので、なるべく身軽で行きたい

緑やオレンジの派手な看板、その下で繰り広げられるお店の人と観光客のやりとり。これぞ「エネルギッシュな香港」という光景が繰り広げられる女人街。初めての香港旅行で、ここに立ち寄らない人はいない、と言っても過言でないほど観光名所と化しているマーケット。衣類、カバン、靴、アクセサリー……など女性が好きそうものを扱う店が並んでいます。なかには、セクシー下着や笑えるおパンツなんかもあったり。

この人たちはどこから来て、どこに行くのだろうか!?と思わずにはいられないほど、とにかく人が多い女人街! なので貴重品の管理には、絶対気をつけてくださいね。特に欲しいものがなくても、この雰囲気を体験できれば「来た甲斐があった!」と思えるはず。

一般に「女人街」で知られているこの道の正式名は通菜街。地図を見ても、女人街という道はないのでご注意を。これに並行する1本隣の道には、ナイキやリーボックなどのスポーツ用品店が並んでいて、こちらの賑やかさも負けていません。

<DATA>
■女人街
アクセス:MTR旺角(モンコック)E2出口、徒歩3分
営業時間:16:00~23:00ごろまで

関連記事

空港には何時間前の到着がベスト?

『塔の上のラプンツェル』の世界を旅しよう/タイ・フランス

世界最大アート展ドクメンタも!ドイツのイベント2017

ブラジルの治安

ホノルル美術館で過ごすアートな1日

香港の交通費